熊本市国際交流振興事業団
KIFについて 賛助会員事業概要おしらせイベントカレンダーニュースレター多文化共生オフィス
 お知らせ  ホーム
 

熊本地震多言語情報(生活) No63 住家の「り災証明」の発行について(5月18日)
最終更新日:2016年5月30日

熊本市国際交流振興事業団

                 2016518                                                  

                    063報(手続き)

 

住家の「り災証明」の発行について

 

「住家」に被害を受けられた方に「り災証明」を発行しています。

住家のり災証明書とは、自然災害により住家に被害が発生した場合に、被災者からの申請に基づき住家の被害認定調査を実施し、調査結果に応じたり災証明書を市が交付するものです。

住家の被害の程度には次のものがあります。

・「全壊」

・「大規模半壊」

・「半壊」

・「一部損壊」

・「床上浸水」

・「床下浸水」

調査の結果、「被害なし」となることもあります。

 

対象となる方:

「住家」に被害を受けられた方  カーポート、倉庫、門扉等は対象外です。

 

申請窓口:各区役所福祉課 及び 総合出張所

 

受付時間:平日 8:30 〜 17:15 

 

各区役所 福祉課

中央区             096-328-2311

東区                096-367-9127

西区                096-329-5403

南区                096-357-4129

北区                096-272-1118

 

各総合出張所

託麻総合出張所           096-380-3111

河内総合出張所           096-276-1111

花園総合出張所           096-359-1122

城南総合出張所           0964-28-3111

飽田総合出張所           096-227-1111

天明総合出張所           096-223-1111

幸田総合出張所           096-378-0172

北部総合出張所           096-245-2111

清水総合出張所           096-343-9161

 

申請方法:

・窓口で調査依頼をしてください。

・被害状況確認のため、各区の担当課が被害認定調査を実施します。
・被害認定調査を実施し、後日交付窓口で交付します。
  

遠方への避難等で窓口へお越しいただけない方は、お問い合わせください。

り災証明書の申請については、当分の間期限はありません。

 

交付方法:

調査依頼を受け、調査が終了し交付準備ができた方から、順次個別に連絡をします。連絡があった場合は下記窓口で交付を受けてください。

持参書類や聞き取り確認により、当日発行できない場合もあります。

 

交付時間:平日 9:00 16:00

 

交付窓口:

中央区役所 市庁舎1階ロビー(正面入口付近)

東区役所 1階ロビー

西区役所 新館1階101会議室

南区役所 アスパル富合ホール

北区役所 2階会議室

託麻総合出張所 1階ロビー    

城南総合出張所 3階大会議室 

 

持参するもの:

1通知文(調査が終了し交付ができることをお知らせする文書)

2交付を受ける人の身分証明証(運転免許証、さくらカード、住基カードなど)

 代理人が交付を受ける場合は、代理人の身分証明証が必要です。

3住民票の所在とり災住所が異なる場合は、生活の本拠であったことが確認できる書類(光熱水費の領収書、賃貸借契約書など)

4委任状(本人もしくは同一世帯以外の方が交付を受ける場合に必要です)

5申請書  

 

ただし、被害の程度が少なく被害認定調査が不要である場合で、一部損壊のり災証明書を希望される場合は、被害状況を写した写真等を申請窓口に持参いただくと、窓口で写真等を確認のうえ一部損壊のり災証明書を即日交付します。

【持参するもの】

・印鑑(現在、お持ちでなければ省略で受け付けています)

・被害状況を写した写真(現在、デジカメやスマートフォン等による画像確認で対応しています)又は、修繕見積書
・上記「持参するもの」に記載のある2・3・4・5のうちで必要なもの

 

 

住家の「り災証明」の発行について(PDF:197KB) 

 

 

 

 【やさしい日本語標記】

当事業団では、熊本県立大学日本語教育研究室の協力をえて、行政情報をはじめさまざまな災害支援情報をやさしい日本語に変換し提供しています。

 

 

住んでいる家の「り災証明書」の発行について

 

●地震(じしん)で 家(いえ)が こわれた 人(ひと)は 読()んで ください。

 

●住()んでいる 家(いえ)が 地震(じしん)で こわれた 人(ひと)に「り災証明書(さいしょうめいしょ)」を 出()します。

 

り災証明書(さいしょうめいしょ)は 支援金(しえんきん)などの 申(もう)し込()みを するときに 必(かなら)ず いるものです。

地震(じしん)や 台風(たいふう)で 家(いえ)が こわれた ときに 出()ます。

(もう)し込()みが いります。 申(もう)し込()みを したら 家(いえ)が どれくらい こわれたのか、役所(やくしょ)の 人(ひと)が 調(しら)べます。<被害認定調査(ひがいにんていちょうさ)といいます。>そして り災証明書(さいしょうめいしょ)を もらうことが できます。

 

り災証明書(さいしょうめいしょ)に 下(した)↓の どれかが 書()いてあります。

 

全壊(ぜんかい) 

… 家(いえ)が 全部(ぜんぶ) こわれた。

大規模半壊(だいきぼはんかい) 

… 家(いえ)が ほとんど こわれた。 直(なお)すのに 長(なが)い 時間(じかん)が かかる。または もう 直(なお)すことが できない。

半壊(はんかい) 

… 家(いえ)が 半分(はんぶん) こわれた。 直(なお)せば もう一度(いちど) 住()むことが できる。

一部損壊(いちぶそんかい) 

… 家(いえ)に こわれた ところが ある。 窓(まど)や とびら、天井(てんじょう) など。

・床上浸水(ゆかうえしんすい)

 … 家(いえ)に 水(みず)が 入(はい)ってきて、 1階(かい)の 床(ゆか)より 高(たか)いとき。

・床下浸水(ゆかしたしんすい)

 … 家(いえ)に 水(みず)が 入(はい)ってきて、 1階(かい)の 床(ゆか)には 届(とど)かないとき。

被害(ひがい)なし

 … 家(いえ)は こわれていない。

 

 

 

●り災証明書(さいしょうめいしょ)を もらえる人

 住()んでいる 家(いえ)が こわれた 人(ひと)

 ※家(いえ)が 少(すこ)しだけ こわれた 人(ひと)でも いいです。

 ※家(いえ)だけです。 車(くるま)を とめる ところや 外(そと)の 物置(ものおき)、 外(そと)の とびらが こわれても 調(しら)べません。

  

●申(もう)し込()みを するところ

 住()んでいる 区()の 区役所(くやくしょ)の 福祉課(ふくしか)や、

(ちか)くの 総合出張所(そうごうしゅっちょうじょ)で 申(もう)し込()みを してください。

 <区役所(くやくしょ)の 福祉課(ふくしか)

 中央区(ちゅうおうく)   096-328-2311   

    東区(ひがしく)      096-367-9127

西区(にしく)       096-329-5403 

南区(みなみく)      096-357-4129

北区(きたく)       096-272-1118

 

<総合出張所(そうごうしゅっちょうじょ)

託麻総合出張所(たくま そうごうしゅっちょうじょ)  096-380-3111

河内総合出張所(かわち そうごうしゅっちょうじょ)  096-276-1111

花園総合出張所(はなぞの そうごうしゅっちょうじょ) 096-359-1122

城南総合出張所(じょうなん そうごうしゅっちょうじょ)0964-28-3111

飽田総合出張所(あきた そうごうしゅっちょうじょ)  096-227-1111

天明総合出張所(てんめい そうごうしゅっちょうじょ) 096-223-1111

幸田総合出張所(こうだ そうごうしゅっちょうじょ)  096-378-0172

北部総合出張所(ほくぶ そうごうしゅっちょうじょ)  096-245-2111

清水総合出張所(しみず そうごうしゅっちょうじょ)  096-343-9161

 

●申(もう)し込()みの 時間(じかん)

 月曜日(げつようび) から 金曜日(きんようび) まで

 午前(ごぜん)8()30(ぷん) から 午後(ごご)5()15(ふん) まで

※月曜日(げつようび)から 金曜日(きんようび)まででも 祝日(しゅくじつ)は しません。

 

●申(もう)し込()みの しかた

・窓口(まどぐち)で 「調査依頼(ちょうさいらい)」を します。

 窓口(まどぐち)は うけつけの ことです。うけつけを する 人(ひと)が います。

 家(いえ)が どれくらい こわれたのか 調(しら)べるのを お願(ねが)いします。

・家(いえ)が どれくらい こわれたのか、 区役所(くやくしょ)の 人(ひと)が 調(しら)べます。

 

・調(しら)べた あとで 証明書(しょうめいしょ)の 用意(ようい)が できたら、 連絡(れんらく)が きます。

・連絡(れんらく)が きたら 窓口(まどぐち)に きてください。 り災証明書(さいしょうめいしょ)が もらえます。

※申(もう)し込()みを する 窓口(まどぐち)と 証明書(しょうめいしょ)をもらう 窓口(まどぐち)は ちがいます。

 気()を つけて ください。

 

・すぐに 証明書(しょうめいしょ)を もらうことが できないときも あります。

 

○り災証明書(さいしょうめいしょ)を もらう 窓口(まどぐち)

中央区役所(ちゅうおうくやくしょ)

→市庁舎(しちょうしゃ)1階(かい)ロビー

…正面入口(しょうめんいりぐち)の ちかくです

東区役所(ひがしくやくしょ)

→1階(かい)ロビー

西区役所(にしくやくしょ)

 →新館(しんかん)1階(かい) 101会議室(かいぎしつ)

南区役所(みなみくやくしょ)

 →アスパル富合(とみあい)ホール

北区役所(きたくやくしょ)

 →2階(かい) 会議室(かいぎしつ)

 

託麻総合出張所(たくま そうごうしゅっちょうじょ)

 →1階(かい) ロビー    

城南総合出張所(じょうなん そうごうしゅっちょうじょ)

 →3階(かい) 大会議室(だいかいぎしつ) 

 

○り災証明書(さいしょうめいしょ)が もらえる 曜日(ようび)と 時間(じかん) 

・曜日(ようび)は 月曜日(げつようび)から 金曜日(きんようび)まで です。

・時間(じかん)は 午前(ごぜん)9()から 午後(ごご)4()まで です。

 

り災証明書(さいしょうめいしょ)を もらうときに 持()っていく ものが あります。

じぶんは なにが いるか、 よく 読()んで きめてください。

 1:通知文(つうちぶん)

  区役所(くやくしょ)が あなたに 送(おく)る 紙(かみ)です。

 家(いえ)が どれくらい こわれたか 調(しら)べるのが 終()わったら 来()ます。

 通知文(つうちぶん)が 来()たら り災証明書(さいしょうめいしょ)が できた という ことです。

 

 2:り災証明書(さいしょうめいしょ)を もらう 人(ひと)の 身分証明書(みぶんしょうめいしょ)

  車(くるま)の 運転免許証(うんてんめんきょしょう)や さくらカード、住基(じゅうき)カード など

 あなたの 顔(かお)の 写真(しゃしん)と、 名前(なまえ)や 住()んでいる所(ところ) など くわしいことが 書()いてある ものが いります。

  ※他(ほか)の 人(ひと)が かわりに もらいに いくときは、 かわりに もらう 人(ひと)の 身分証明書(みぶんしょうめいしょ)を 持()ってきて ください。

 

 3:電気(でんき)や ガス、水道(すいどう)の お金(かね)を 払(はら)ったときの 領収証(りょうしゅうしょう)や 家(いえ)の 契約書(けいやくしょ)

住民票(じゅうみんひょう)と り災証明書(さいしょうめいしょ)の 住所(じゅうしょ)<住()んでいる所(ところ)>が ちがう ときに いります。

*領収証(りょうしゅうしょう)・・・お金(かね)を いくら はらったか 書()いてあります。

*契約書(けいやくしょ)・・・家(いえ)を 買()う時(とき)や 借()りる時(とき)に 作(つく)る 紙(かみ)

 

 4:委任状(いにんじょう)

 家族(かぞく)じゃない、 ほかの人が かわりに り災証明書(さいしょうめいしょ)を もらいに 行()くとき いります。

 「この人(ひと)に かわりに もらいに 行()くのを お願(ねが)いしました」ということを 紙(かみ)に 書()いて かわりに もらいに 行()く 人(ひと)に あげてください。

 

 5:申請書(しんせいしょ) 

(もう)し込()みを したとき 書()いた 紙(かみ)です。

 

●家(いえ)が あまり こわれなくて、 区役所(くやくしょ)の 人(ひと)が 調(しら)べなくていい 人(ひと)も います。

 その人(ひと)も 「一部損壊(いちぶそんかい)」の り災証明書(さいしょうめいしょ)が ほしいときは もらうことが できます。

 こわれている ようすの 写真(しゃしん)を 申(もう)し込()みの 窓口(まどぐち)に 持()ってきて ください。

 そこで 係(かか)りの 人(ひと)が みて、り災証明書(さいしょうめいしょ)を 出()します。

 そのとき 下(した)の ものを 持()ってきて ください。

 

○持()っていく もの

 印鑑(いんかん)

  持()っていないときは、 なくて いいです。

 ・こわれたところの 写真(しゃしん)や 

こわれたところを 直(なお)したときの 「修繕見積書(しゅうぜんみつもりしょ)

※「修繕見積書(しゅうぜんみつもりしょ)」は こわれた ところを 直(なお)すとき、いくら お金(かね)が かかるのか 書()いてある 紙(かみ)の ことです。

  ※写真(しゃしん)は カメラや 携帯電話(けいたいでんわ)の 画面(がめん)で みせても いいです。

 

 

・上(うえ)に かいてある、

 2:り災証明書(さいしょうめいしょ)を もらう 人(ひと)の 身分証明書 (みぶんしょうめいしょ)

  5:申請書(しんせいしょ)

  3と4が いる 人(ひと)は 3と4も 用意(ようい)して ください。

 

住んでいる家の「り災証明書」の発行について(PDF:146KB) 
問い合わせ 熊本市国際交流振興事業団
電話 096-359-2121
ファックス 096-359-5783
メール pj-info@kumamoto-if.or.jp
PDFファイルを閲覧するにはAdobe Acrobat Readerが必要です。 ボタンをクリックしてダウンロードしてください(無料)。 アクロバットリーダー ダウンロードページへ
  ▲ページの先頭へ
       ホーム
Copyright(c)Kumamoto International Foundation