熊本市国際交流振興事業団
KIFについて 賛助会員事業概要おしらせイベントカレンダーニュースレター多文化共生オフィス
 くらし・健康・催し物案内(このページは熊本市市政だよりの情報を翻訳して掲載しています)  ホーム
 

4月熊本市がん検診(市政だより4月号)
最終更新日:2017年4月5日

がんは早期発見、早期治療すれば完治する可能性も高くなります。自分や、大切な人のためにも定期的にがん検診を受けましょう。

検診内容 対象者 自己負担金 検診会場
肺がん
胸部エックス線検査
喀痰細胞診
※問診で必要と認められた方
40歳以上の男女 40歳〜64歳 300円
65歳以上   200円
喀痰細胞診  500円
集団検診会場
(地域を検診車が巡回します。)
※毎月の市政だよりでお知らせします
胃がん
胃部エックス線検査
(バリウム検査)
40歳以上の男女 1,000円 集団検診会場
(地域を検診車が巡回します。)
※毎月の市政だよりでお知らせします
大腸がん
便潜血(検便)
40歳以上の男女 指定医療機関500円
集団検診会場 300円
指定医療機関
集団検診会場

乳がん
医師による視触診
乳房エックス線検査
(マンモグラフィ)

40歳以上の偶数年齢
の女性

40歳代 1,500円
50歳以上 1,100円

指定医療機関
集団検診会場

子宮頸がん
医師による診察(内診)
細胞診
※子宮の入り口を軽くこすって細胞を
とり異常な細胞がないか調べます。
20歳以上の偶数年齢 指定医療機関
1,200円
集団検診会場
1,000円
指定医療機関
集団検診会場

熊本市のがん検診は熊本市に住民票があって、職場などで同様の検診を受ける機会がない人が対象です。
@大腸がんの集団検診は、肺がんの集団検診の会場で申込みができます。
A乳がん・子宮頸がん検診の集団検診は、一部地域で実施します。

★肺がん・胃がん・大腸がん検診および国保特定健診などをはセットで受けることができます(予約制)

種類 実施医療機関名 所在地 電話番号
胃がん・肺がん・大腸がん・特定健診 熊本市医師会ヘルスケアセンター 中央区本荘5丁目15-12 366-2711
胃がん・大腸がん特定健診 日赤熊本健康管理センター 東区長嶺南2丁目1-1 387-6710

★次に該当する方は費用の負担が免除になります。

自己負担金が免除になる方 必要な書類
生活保護受給世帯の方 保護証明書(平成29年度発行分)
市民税非課税世帯の方へ 市県民税(所得・課税)証明書@(最新年度分)
※証明書発行は有料です。
同一世帯全員の非課税の状況を証明するものが必要です。
※新年度の証明書発行開始は、毎年6月からです。
※平成28年1月1日以降に他市町村から転入した場合の証明書の取り扱いについては健康づくり推進課へ
東日本大震災で被災し、市内に避難中の方 がん検診特例受診許可証
※発行については健康づくり推進課へ

☆次に該当する方へ【乳がん検診】、「子宮頸がん検診」無料クーポン券を送付します。

種類 対象年齢(平成29年4月1日時点の年齢)
乳がん検診(女性) 40歳の方(昭和51年4月2日〜昭和52年4月1日生まれの方)
子宮頸がん検診(女性) 20歳の方(平成8年4月2日〜平成9年4月1日生まれの方)

 


乳がん・子宮頸がん検診実施医療機関一覧につきましては、市政だよりP15をご覧ください。その他詳しい内容につきましては、市ホームページまたはひごまるコール(334-1500)へ。
健康づくり推進課(361-2145) 

PDFファイルを閲覧するにはAdobe Acrobat Readerが必要です。 ボタンをクリックしてダウンロードしてください(無料)。 アクロバットリーダー ダウンロードページへ
  ▲ページの先頭へ
       ホーム
Copyright(c)Kumamoto International Foundation