熊本市国際交流振興事業団
KIFについて 賛助会員事業概要おしらせイベントカレンダーニュースレター多文化共生オフィス
    ホーム
 

熊本地震多言語情報(生活) No64 準備しておきたい非常持出品(5月18日)
最終更新日:2016年5月30日

熊本市国際交流振興事業団

                 2016518                                                  

                    064報(生活)

準備しておきたい非常持出品

 

非常持出品は家族構成を考えて必要な分だけ用意し、避難時にすぐに取り出せる場所に保管しておきましょう。災害発生時に最初に持ち出す非常持出品と、災害から復旧するまでの数日間を支える非常備蓄品を分けて用意しておきましょう。

 

非常持出品(最低限そろえておきたいもの)

・懐中電灯

 できれば1人にひとつ用意。予備の電池と電球も忘れずに。

・携帯ラジオ

 小型で軽く、AM/FMの両方を聞けるものを用意。予備の電池は多めに用意を。

・非常食・水

 カンパンや缶詰など、火を通さずに食べれるものを。水はペットボトルが便利。乳幼児がいる場合には粉ミルクなども忘れずに。

・貴重品

 現金、預貯金通帳、印鑑、健康保険証、住民票のコピーなど。

・救急医薬品

 キズ薬、ばんそうこう、解熱剤、かぜ薬、胃腸薬、目薬など。常備薬があれば忘れず用意を。

・その他

 ヘルメット(防災ずきん)、上着・下着、タオル、軍手、紙の食器、ライター(マッチ)、缶切り、栓抜き、ろうそく、ナイフ、ビニールシート、生理用品、紙おむつやほ乳びんなど。

 

非常備蓄品(災害時に備えるために)

・食料品

 缶詰やレトルト食品、ドライフーズや栄養補助食品、調味料など。食料は非常食3日分を含む数日分を最低限備蓄しておきましょう。

・水

 飲料水は大人1人当たり、13ℓが目安。少なくとも3日分の用意を。

・燃料・その他

 卓上コンロや固形燃料、予備のガスボンベの他、毛布、寝袋、洗面用具、ラップ、ロープ、バール・スコップ等工具、トイレットペーパーなど。

 

こんな用意も必要です

乳幼児のいる家庭で用意するもの。

・ミルク、ほ乳びん、離乳食、スプーン、おむつ、洗浄綿、おんぶひも、バスタオルまたはベビー毛布、ガーゼまたはハンカチ、バケツ、ビニール袋、石けんなど。

 

妊婦のいる家庭で用意するもの。

・脱脂綿、ガーゼ、サラシ、T字帯、洗浄綿および新生児用品、ティシュ、ビニール風呂敷、母子手帳、新聞紙、石けんなど。

 

要介護者のいる家庭で用意するもの。

・着替え、おむつ、ティッシュ、障害手帳。補助具等の予備、常備薬など。

 

準備をしておかないとどうなる?

・大災害が発生した場合、水道施設などが使用できなくなったり、道路の損壊などにより防災機関による救援活動がすぐできない可能性もあります。災害発生後の数日間は自足できるよう準備をしておきましょう。

 

 

準備しておきたい非常持出品(PDF:174KB) 

 

 

【やさしい日本語標記】

当事業団では、熊本県立大学日本語教育研究室の協力をえて、行政情報をはじめさまざまな災害支援情報をやさしい日本語に変換し提供しています。

 

 

 

非常持出品(ひじょうもちだしひん)を 用意(ようい) しましょう

 

*非常持出品(ひじょうもちだしひん)…逃(に)げる ときに 持(も)っていくもの

 

☆大(おお)きな 地震(じしん)が あると、 電気(でんき)や ガス(がす)、水道(すいどう)を 使(つか)うことが できなく なります。

 そのときは 非常持出品(ひじょうもちだしひん)を 持(も)って 行(い)きます。

非常持出品(ひじょうもちだしひん)は 家族(かぞく)の 人数(にんずう)を 考(かんが)えて 用意(ようい) します。

  逃(に)げる 時(とき)、 すぐ 持(も)って 行(い)くことが できる ところに 置(お)いて ください。

 

〈非常持出品(ひじょうもちだしひん)〉

懐中電灯(かいちゅうでんとう)…小(ちい)さくて 持(も)つことが できる 電気(でんき)

 →ひとりに ひとつ 用意(ようい) しましょう。

 乾電池(かんでんち)も 用意(ようい)しましょう。

携帯ラジオ(けいたいらじお)…小(ちい)さくて 軽(かる)い ラジオ(らじお)

 →AM放送(ほうそう)と FM放送(ほうそう) どちらも 聞(き)くことが できる ものを 用意(ようい) しましょう。

食(た)べ物(もの)や 水(みず)

 →カンパン(かんぱん)や 缶詰(かんづめ)のような 火(ひ)で 焼(や)かないで 食(た)べられる もの。

 水(みず)は ペットボトル(ぺっとぼとる)に 入(い)れましょう。

赤(あか)ちゃんの 粉ミルク(こなみるく)も 忘(わす)れないで ください。

貴重品(きちょうひん)…大事(だいじ)な もの

 →お金(かね)、通帳(つうちょう)、印鑑(いんかん)、健康保険証(けんこうほけんしょう)、住民票(じゅうみんひょう)の コピー(こぴー) など。

  *通帳(つうちょう)…貯(た)めている お金(かね)が いくらか 見(み)る もの

  *印鑑(いんかん)…名前(なまえ)の スタンプ(すたんぷ)

  *健康保険証(けんこうほけんしょう)…病院(びょういん)に 持(も)って行(い)くもの

  *住民票(じゅうみんひょう)…住(す)んでいる ところや 家族(かぞく)が 書(か)いてある もの

薬(くすり)

 →傷薬(きずぐすり)、ばんそうこう、解熱剤(げねつざい)、かぜ薬(くすり)、胃腸薬(いちょうやく)、目薬(めぐすり)など。

  *傷薬(きずぐすり)…けがを したところに 塗(ぬ)る もの

  *解熱剤(げねつざい)…熱(ねつ)を 下(さ)げる 薬(くすり)

  *かぜ薬(くすり)…かぜを 治(なお)す 薬(くすり)

  *胃腸薬(いちょうやく)…胃腸(いちょう)<おなか>の 調子(ちょうし)を 整(ととの)える 薬(くすり)

  *目薬(めぐすり)…目(め)に かける 薬(くすり)

その他(ほか)

 →ヘルメット(へるめっと)、防災(ぼうさい)ずきん、服(ふく)の 上(うえ)から 着(き)るもの、下着(したぎ)、タオル(たおる)、軍手(ぐんて)、紙(かみ)のお皿(さら)、ライター(らいたー)、缶切(かんき)り、栓抜(せんぬ)き、ろうそく、ナイフ(ないふ)、ビニールシート(びにーるしーと)、生理用品(せいりようひん)、紙(かみ)おむつ、哺乳瓶(ほにゅうびん)など。

  *防災(ぼうさい)ずきん…頭(あたま)を 守(まも)る 帽子(ぼうし)

  *下着(したぎ)…パンツ(ぱんつ)、服(ふく)の 下(した)に 着(き)る もの

  *軍手(ぐんて)…手袋(てぶくろ)に 似(に)ている もの

  *ライター(らいたー)…火(ひ)を つける もの

  *缶切(かんき)り…缶(かん)を 開(あ)ける 道具(どうぐ)

  *栓抜(せんぬ)き…瓶(びん)の 蓋(ふた)を 開(あ)ける どうぐ

  *生理用品(せいりようひん)…女性(じょせい)が 生理(せいり)のときに つけるもの

  *哺乳瓶(ほにゅうびん)…赤(あか)ちゃんが ミルクを 飲(の)むときに 使(つか)う 入()れ物(もの)

 

☆もう1(ひと)つ 荷物(にもつ)を 用意(ようい)して ください。

この 荷物(にもつ)を 非常備蓄品(ひじょうびちくひん)と いいます。

 

〈非常備蓄品(ひじょうびちくひん)〉

食(た)べ物(もの)や 水(水)

→食(た)べ物(もの):缶詰(かんづめ)、レトルト食品(れとるとしょくひん)、 調味料(ちょうみりょう)など。

4日分(にちぶん)くらいは 用意(ようい) しましょう。

  *レトルト食品(れとるとしょくひん)…すぐに 食(た)べられる もの

  *調味料(ちょうみりょう)…塩(しお)、砂糖(さとう)しょうゆ、ソース(そーす)など

 →水(みず):大人(おとな)は 1日(にち) 3リットル(りっとる) 必要(ひつよう)です。3日分(にちぶん)は 用意(ようい) しましょう。

その他(ほか)

 →小(ちい)さな コンロや その燃料(ねんりょう)、毛布(もうふ)、寝袋(ねぶくろ)、洗面用具(せんめんようぐ)、ラップ(らっぷ)、ひも、トイレットペーパー(といれっとぺーぱー)など。

  *燃料(ねんりょう)…コンロ(こんろ)を 使(つか)う ときに 必要(ひつよう)です

  *毛布(もうふ)…寝(ね)る時(とき)に 着(き)ます

  *寝袋(ねぶくろ)…寝(ね)る時(とき)に 使(つか)います

  *洗面用具(せんめんようぐ)…顔(かお)を 洗(あら)う もの、歯ブラシ(はぶらし)など

 

〈このようなものも 用意(ようい) しましょう〉

赤(あか)ちゃんが いる 人(ひと)

 →ミルク(みるく)、哺乳瓶(ほにゅうびん)、離乳食(りにゅうしょく)、スプーン(すぷーん)、おむつ、おしりふき、おんぶひも、タオル(たおる)、ガーゼ(がーぜ)、バケツ(ばけつ)、ビニール袋(びにーるふくろ)、せっけんなど

*離乳食(りにゅうしょく)…赤(あか)ちゃんが 食(た)べる やわらかい ごはん

*おしりふき…おしりを ふく 濡(ぬ)れた タオル(たおる)

*おんぶひも…おんぶを する ときに 使(つか)う ひも

 

妊婦(にんぷ)<赤(あか)ちゃんが お腹(なか)に いる人(ひと)>が 用意(ようい) する もの

 →脱脂綿、ガーゼ(がーぜ)、サラシ(さらし)、T字帯(じたい)、赤(あか)ちゃん用品(ようひん)、ティッシュ(てぃっしゅ)、母子手帳(ぼしてちょう)、新聞紙(しんぶんし)、せっけんなど

  *脱脂綿…コットン(こっとん)を 使(つか)いやすい 大(おお)きさに 切(き)った もの

  *サラシ…薄(うす)い タオル(たおる)

  *T字帯(じたい)…病院(びょういん)で 使(つか)う パンツ(ぱんつ)

  *赤(あか)ちゃん用品(ようひん)…哺乳瓶(ほにゅうびん)や 離乳食(りにゅうしょく)など

  *母子手帳(ぼしてちょう)…赤(あか)ちゃんの 様子(ようす)を 書(か)く 手帳(てちょう)

 

 ・介護(かいご)を する 人(ひと)が 用意(ようい) する もの

  →着替(きが)える 服(ふく)、おむつ、ティッシュ(てぃっしゅ)、しょうがい手帳(てちょう)、薬(くすり)

   *しょうがい手帳(てちょう)…介護(かいご)が 必要(ひつよう)な 人(ひと)      

    が 持(も)っている 手帳(てちょう)

 

 

☆地震(じしん)が あった とき 水道(すいどう)が 出(で)ない ことが あります。 道路(どうろ)が 崩(くず)れて 通(とお)れない ことも あります。

道路(どうろ)が 崩(くず)れると 救援活動(きゅうえんかつどう)が すぐに できません。

*救援活動(きゅうえんかつどう)…みなさんを 助(たす)ける 活動(かつどう)

 

なので 食()べ物(もの)や 水(みず)、 薬(くすり)など 必要(ひつよう)な ものを すぐに もらうことが できません。

地震(じしん)が 起(お)きて 4日間(かかん)は 過(す)ごすことが できるように しっかり 用意(ようい)を しておきましょう。

問い合わせ 熊本市国際交流振興事業団
電話 096-359-2121
ファックス 096-359-5783
メール pj-info@kumamoto-if.or.jp
PDFファイルを閲覧するにはAdobe Acrobat Readerが必要です。 ボタンをクリックしてダウンロードしてください(無料)。 アクロバットリーダー ダウンロードページへ
  ▲ページの先頭へ
       ホーム
Copyright(c)Kumamoto International Foundation