熊本市国際交流振興事業団
KIFについて 賛助会員事業概要おしらせイベントカレンダーニュースレター多文化共生オフィス
    ホーム
 

熊本地震多言語情報(手続き・行政) No28 仮設住宅(民間のアパート)の申し込みができます(4月29日現在)
最終更新日:2016年5月7日

熊本市国際交流振興事業団

2016.4.29

第028報(手続)

 

仮設住宅(民間のアパート)の申し込みができます

 

 地震で住居が全壊(大規模半壊を含む)して、自分の資力では住居が確保できない人は、市が借りた仮設住宅とみなされる民間のアパートに住むことができます。

 ※自分で制度の条件にあった希望の物件を探し、申込んでください。

 

○入居者の要件(いずれにも該当する人)

(1)2016年4月14日に、熊本市に住所がある人

(2)地震で住居が全壊(大規模半壊を含む)し、住む住宅がない人

(3)自分の資力では、住居を確保することができない人

(4)市を通じて、住宅の応急修理をしていない人

 

○費用負担

 (1)入居者の負担

   ア.光熱水費、管理費、共益費、駐車場費、自治会費など

   イ.退去時の修繕費が敷金を上回る場合の不足額

 (2)市の負担

   ア.家賃

   イ.礼金(家賃の1ヶ月分を限度)

   ウ.仲介手数料(家賃の0.54ヶ月分を限度)

   エ.敷金(家賃の2ヶ月分を限度)

   オ.火災保険等損害保険料(1年当たり1万円を限度)

 

○入居期間   最長2年間

 

○必要書類

 ・申込書

 ・住民票(世帯全員)

 ・り災証明書(コピー可)(り災証明書が間に合わない場合も対応)

 

○申込受付の期間・場所

  5月8日()までは各区役所臨時窓口(東区は東部出張所)

  5月9日()以降は市役所14階大ホール

5月16日()以降は市役所9階建築政策課

必要書類を持参してください。

 

○問い合わせ先 熊本市役所建築政策課 電話:096-328-2438

 

 

仮設住宅(民間のアパート)の申し込みができます(PDF:112KB) 


 

【やさしい日本語標記】

当事業団では、熊本県立大学日本語教育研究室の協力をえて、行政情報をはじめさまざまな災害支援情報をやさしい日本語に変換し提供しています。

 

 

第028報

 

地震(じしん)で 家が なくなった 人に お知らせします。

地震で 家が こわれた人は、 仮設住宅(かせつじゅうたく) <市が貸()す家 (アパート)>に 住()むことが できます。 住みたい 部屋(へや)を 探(さが)して 申(もう)し込()んで ください。

 

○家を 借()りることが できる人 (全部(ぜんぶ)に当てはまる人)

(1)         2016414日に、熊本市に 住所(じゅうしょ)が ある人。

(2)         地震で 家が こわれて、 住むところが ない人。

(3)         お金が なくて すぐに 新(あたら)しい 家を 借りたり 建()てたり できない人。

(4)         市から、 家を 直(なお)して もらって いない人。

 

自分(じぶん)で 払(はら)います。

・光熱水費(こうねつすいひ): 電気(でんき)、 水道(すいどう)、 エアコンに 使う お金。

・共益費(きょうえきひ)、管理費(かんりひ): アパートなどの、 階段(かいだん)の 電気などに 使う お金。

・駐車場費(ちゅうしゃじょうひ): 車を 停()めるところに 使う お金。

・自治会費(じちかいひ): 同じ 地域(ちいき)に 住んでいる人が 快適(かいてき)に 生活(せいかつ)できるように 地域の 人が 集(あつ)まっている グループに 使う お金。 地域の そうじなどに 使います。

*出ていくときの 部屋の 修理(しゅうり)の お金は いりません。 

 

○市が 払うので 払わなくて いいです。

・家賃(やちん): 家を 借りるために、 毎月 払う お金。

・敷金(しききん): 家を 借りるときに 払う お金。 (家賃の2か月分まで)

・礼金(れいきん): 家を 借りるときに 払う お金。 (家賃の1か月分まで)

・仲介手数料(ちゅうかいてすうりょう): 家を 借りるために 払う お金。 (家賃の054か月分まで)

・火災保険(かさいほけん) などの 損害保険料(そんがいほけんりょう): アパートなどが 火事(かじ)に なったときのために、 住んでいる人 みんなで 払う お金。 (1年に1万円まで)

 

長くて 2年間まで 住むことが できます。 借りたい人は、 必要な書類を 持()って 申し込みに 来てください。

 

○申し込みの日、 ところ

58日(日)まで

それぞれの 区役所(くやくしょ)の 窓口(まどぐち)

(東区(ひがしく)の人は東部出張所(とうぶしゅっちょうじょ)

59日(月)から515日(日)まで

市役所(しやくしょ)14階(かい)の大(だい)ホール

516日(月)から

市役所9階の建築政策課(けんちくせいさくか)

 

○必要(ひつよう)な書類(しょるい)

り災証明書(さいしょうめいしょ): 家が どのくらい 壊れたか 市役所の 人が 調(しら)べて 書()いた 紙(かみ)。 コピーでもいいです。 り災証明書が 間()に合わない人も 大丈夫 (だいじょうぶ)です。

申込書(もうしこみしょ)

住民票(じゅうみんひょう) (家族(かぞく) みんなの分)

 

わからないときは、 電話(でんわ)してください。

           熊本市役所 建築政策課 096-328-2483

 

仮設住宅(民間のアパート)の申し込みができます(PDF:93KB) 
問い合わせ 熊本市国際交流振興事業団
電話 096-359-2121
ファックス 096-359-5783
メール pj-info@kumamoto-if.or.jp
PDFファイルを閲覧するにはAdobe Acrobat Readerが必要です。 ボタンをクリックしてダウンロードしてください(無料)。 アクロバットリーダー ダウンロードページへ
  ▲ページの先頭へ
       ホーム
Copyright(c)Kumamoto International Foundation