熊本市国際交流振興事業団
KIFについて 賛助会員事業概要おしらせイベントカレンダーニュースレター多文化共生オフィス
    ホーム
 

熊本地震多言語情報(生活) No46 水道料金及び下水道使用料の減免措置について
最終更新日:2016年5月6日
                                                          




熊本市国際交流振興事業団


                          2016.5.5                                                第04報(生活)






水道料金及び下水道使用料の減免措置について


 


概要


熊本地震の発生により断水期間が長期にわたり、断水解消後も濁水解消のための排水量(損失水量)が発生したことから、水道料金及び下水道使用料について減額措置を行います。


 


減額の内容


  1. 基本料金の減額

    断水に伴う措置として、水道料金及び下水道使用料の基本料金1カ月分を減額します。

  2. 水量分の減額

    地震による濁水解消のための排水量等への対応として、水道料金及び下水道使用料について水量10㎥を限度とし減額を行います。なお、10㎥は一般家庭の平均使用水量20㎥の半月分に相当します。

  3. 減額の対象

    地震により発生した断水期間において水道又は下水道を使用されていた方を対象とします。

  4. 減額対象請求月

    6月検針地区の方は平成287月請求分、7月検針地区の方は平成288月請求分にて減額します。


*給水管破損漏水の減額


 地震による宅地内の給水管破損に伴う漏水量については、修理報告書等により前年同時期の使用水量を基本とし、減額を行います。


 


参考【減額措置による料金】


(例):一般家庭(口径13粍・1月30㎥使用世帯)の場合


 

現行料金

減額後の料金

減額料金

水道料金

4,320

1,620

2,700

下水道使用料

4,000

1,429

2,571

合計

8,320

3,049

5,271


(例):一般家庭(口径13粍・1月20㎥使用世帯)の場合


 

現行料金

減額後の料金

減額料金

水道料金

2,592

162

2,430

下水道使用料

2,303

143

2,160

合計

4,895

305

4,590


 

 

水道料金及び下水道使用料の減免措置(PDF:133KB) 


 

【やさしい日本語標記】

当事業団では、熊本県立大学日本語教育研究室の協力をえて、行政情報をはじめさまざまな災害支援情報をやさしい日本語に変換し提供しています。

 

水道料金(すいどうりょうきん)と 下水道使用料(げすいどうしようりょう)の減免措置(げんめんそち)について

 

●地震(じしん)で しばらく 水(みず)が つかえませんでした。 また、 水(みず)が 出(で)るように なっても、 その 水(みず)は よごれていました。 

なので、 水道料金(すいどうりょうきん)と 下水道使用料(げすいどうしようりょう)を 安(やす)くします。

 

【くわしい こと】

 

1.基本料金(きほんりょうきん)を 安(やす)くします。

 水(みず)が 出(で)なかったので 水道料金(すいどうりょうきん)と 下水道使用料(げすいどうしようりょう)の 基本料金(きほんりょうきん)を 1か月分(いっかげつぶん) 安(やす)くします。

 

 

2.よごれた 水(みず)を 流(なが)した分(ぶん)の お金(かね)は いりません。

 よごれた 水(みず)を 流(なが)さなければ いけないので、 水道料金(すいどうりょうきん)と 下水道使用料(げすいどうしようりょう)は 安(やす)くします。

 水量103 の 分(ぶん)まで 安(やす)く なります。

 *水量10 → 1か月(いっかげつ)に つかう 水(みず)の 量(りょう)の 半分(はんぶん)くらい。

 

 

3.安(やす)くなる人(ひと)

●水(みず)が 出(で)なかった とき

4(がつ)14(にち) から 4(がつ)30(にち) までに

  ・水道(すいどう)から 水(みず)を 出(だ)してみた 人(ひと)

  ・家(いえ)の トイレを 使(つか)った人(ひと)

 

●水(みず)が 出(で)るように なった とき

  ・水道(すいどう)から 茶色(ちゃいろ)の 水(みず)や にごった水(みず)が 出(で)たので、しばらく ずっと 水(みず)を 出(だ)していた 人(ひと)

 

 

4.料金(りょうきん)が 安(やす)く なる 月(つき)

料金(りょうきん)を きめるとき、 どれくらい 水(みず)を つかったか、 水道局(すいどうきょく)の 人(ひと)が 家(いえ)の 外(そと)にある 針(はり)を 見(み)に きます。

 

6月(がつ)に 針(はり)を 見(み)に くる ちいき

 → 7月(がつ)の 分(ぶん)の 料金(りょうきん)が 安(やす)く なります。

 

7月(がつ)に 針(はり)を 見(み)に くる ちいき

 → 8月(がつ)の 分(ぶん)の 料金(りょうきん)が 安(やす)く なります。

 

 

*水道管(すいどうかん)が こわれた せいで 水(みず)が ほかの ところから 出(で)ていた とき 

→まず 水道管(すいどうかん)を 直(なお)して ください。

そのあと 「修理報告書(しゅうりほうこくしょ)」を 水道局(すいどうきょく)の 人(ひと)に 出(だ)して ください。 水道局(すいどうきょく)の 人(ひと)が 安(やす)くしてくれる ことが あります。

 

【 たとえば 】

 

1か月(いっかげつ)で 30 水(みず)を 使(つか)う 家(いえ)

いつもの 料金(りょうきん)    →    8,320

 ・水道料金(すいどうりょうきん)    : 4,320

 ・下水道使用料(げすいどうしようりょう) : 4,000

 

→水道料金(すいどうりょうきん)から     2,700

  下水道使用料(げすいどうしようりょう)から 2,571

 あわせて 5,271円 安(やす)く なります。

 

安(やす)く なった ときの 料金(りょうきん)→ 3,049

 ・水道料金(すいどうりょうきん)      : 1,620

 ・下水道使用料(げすいどうしようりょう)  : 1,429

 

 

1か月(いっかげつ)で 203 水(みず)を 使(つか)う 家(いえ)

いつもの 料金(りょうきん)     →    4,895

 ・水道料金(すいどうりょうきん)     : 2,592

 ・下水道使用料(げすいどうしようりょう) : 2,303

 

→水道料金(すいどうりょうきん)から     2,430

  下水道使用料(げすいどうしようりょう)から 2,160

 あわせて 4,590円 安(やす)く なります。

 

安(やす)く なった ときの 料金(りょうきん)→ 305

 ・水道料金(すいどうりょうきん)      :  162

 ・下水道使用料(げすいどうしようりょう)  :  143

 

問い合わせ 熊本市国際交流振興事業団
電話 096-359-2121
ファックス 096-359-5783
メール pj-info@kumamoto-if.or.jp
PDFファイルを閲覧するにはAdobe Acrobat Readerが必要です。 ボタンをクリックしてダウンロードしてください(無料)。 アクロバットリーダー ダウンロードページへ
  ▲ページの先頭へ
       ホーム
Copyright(c)Kumamoto International Foundation