文字サイズ 拡大標準
背景色 青黒白
(一財)熊本市国際交流振興事業団国際交流会館トップへ

新型コロナウイルス感染対策に伴うイベント等の開催基準の改訂ついて(9月19日~当面11月末までの間)

最終更新日:

~新しく制定された新型コロナウイルス感染対策を講じていただくことを条件に、ご利用の内容によっては通常の定員でご利用が可能になります。9月19日から当面11月末までを目途~

 いつも熊本市国際交流会館をご利用いただき、誠にありがとうございます。
表題の件につきまして熊本市では、新しく「熊本市におけるイベント等の開催に関する基準(R2.9.16改訂、9.19より適用)が示されましたのでご案内します。改訂のポイントの一つに、イベント等で「大声を出す」ものが有るか否かで収容人数の制限の可否が判断されることや、引き続き熊本市が定める感染対策の徹底を講じることの一つに「マスクの着用の徹底(マスクをしていない方には主催者でマスクを提供すること)」を求める事項などが追加されています。それら全ての対策を講じることが出来た場合に限り、本来の定員(収容人数が100名の施設は100名、出来ない場合は50名以下)でのご利用となります。

詳しくは熊本市のホームページで紹介されていますので、こちら別ウィンドウで開きます(外部リンク)をご参照ください。

 なお、当館でも同様のダウンロードを準備していますので、ご参照ください。

  1.【0916改訂版】熊本市におけるイベント等の開催に関する基準(PDF:1.24メガバイト) 別ウインドウで開きます

  2. 【0916改訂版】イベント等に関する感染症防止対策チェックリスト(エクセル:41.7キロバイト) 別ウインドウで開きます

  2. 【0916改訂版】イベント等に関する感染症防止対策チェックリスト(PDF:450.2キロバイト) 別ウインドウで開きます

  (別紙)イベント等の開催に係る人数上限・収容率の目安(PDF:467.7キロバイト) 別ウインドウで開きます


参考までにイベントの内容が下記の表の通り示されていますので、通常定員で良いか否かの判断基準としてご参照ください。
また、下記に含まれない催事であっても、参加者へのマスク着用の徹底や、参加者(観客)への大声での声援を制限するなどの対策を主催者様でしっかりと講じていただければ、通常の定員で利用できる場合がございます。詳しくは会館スタッフにご相談ください。 

大声での歓声・声援等がないことを前提としうるもの
 ジャンル催事の例
 音楽 クラシック音楽、歌劇、楽劇、ジャズ、吹奏楽、民族音楽、歌謡曲等のコンサート
 演劇等 現代演劇、児童演劇、人形劇、ミュージカル、読み聞かせ、手話パフォーマンス 等
 舞踊 バレエ、現代舞踊、民族舞踊 等
 伝統芸能 雅楽、能楽、文楽、人形浄瑠璃、歌舞伎、組踊、邦舞 等
 芸能・演芸 講談、落語、浪曲、漫談、漫才、奇術 等
 公演・式典 各種講演会、説明会、ワークショップ、各種教室、行政主催イベント、入学式、卒業式、成人式、入社式 等
 展示会 各種展示会、商談会、各種ショー

 
(注意)コロナ感染者が拡大状況次第では基準が変更される場合があり、また、急きょ、臨時休館することもございます。その場合は既納使用料の全額還付(払い戻し)を致しますので予めご理解とご協力をお願い申しあげます。ご不明な点等がございましたらお尋ねください。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:401)
熊本市国際交流会館 Kumamoto City International Center
利用時間:午前9時から午後10時(受付:午前9時から午後7時)
休館日:毎月第2、第4月曜日(月曜日が祝日の場合、翌火曜日)、12月29日~1月3日
(運営 一般財団法人熊本市国際交流振興事業団)
〒860−0806 熊本市中央区花畑町4−18  熊本市国際交流会館1階
TEL:096-359-2020  FAX:096-359-5783

Copyright(c)2020 Kumamoto International Foundation Allright Reserved.