熊本市国際交流振興事業団

 
もどる ホーム
 

ホストファミリーボランティア制度要綱

(目的)
第1条 この制度は、ホームステイ並びにホームビジットをとおし、熊本市民の国際化を促進し、市民と外国人の相互理解、友好促進を深めることを目的とする。

(活動内容)
第2条 ホストファミリーの活動内容は、次の各号に定める。
(1) ホームステイ
事業団及び事業団が紹介する非営利的機関の依頼により,日本への理解を目的としている外国人を、家庭に滞在させ、日本の文化、生活習慣等への理解を深める機会を提供する。
(2) ホームビジット
本市を訪れた外国人に、2から3時間、家庭を訪問させ、日本家庭の日常生活を通して日本の文化、生活習慣等への理解を深める機会を提供する。

(応募)
第3条 ホストファミリーに応募するものは、次の各号の要件を満たすものとする。
(1) 原則として熊本市内に在住する成人
(2) ホストファミリーボランティア制度を十分に理解し、協力できるもの
(3) 家族全員の同意が得られるもの
2 応募の受付は随時行う。
3 登録を希望するものは、理事長が定める登録申込書(様式第1号)に必要事項を記入し、申し込む。
4 理事長は、前項の申込書を受け付け後、速やかに書類審査を行い、登録の可否を決定後、当該申込者に通知する。

(登録)
第4条 ホストファミリーの登録期間は、2年間とし、2年ごとの4月に更新するものとする。

(登録の抹消)
第5条 理事長は、ホストファミリーの登録を受けたものから辞退の申し出があった場合は、登録を取り消すものとする。
2 理事長は、ホストファミリーの登録を受けたものが、第3条の要件もしくは適格性を欠くと判断した場合は、登録を取り消すことができる。

(協力依頼の申込等)
第6条 ホストファミリーの協力を希望するものまたは団体は、理事長が定めるホストファミリー協力依頼申込書(様式第2号)を、ホームステイの場合は、希望する日の2週間前、ホームビジットの場合は希望する日の1週間前までに提出しなければならない。
2 ホームステイの期間は、原則として1週間以内とする。
3 前項の期間は、理事長が特に認めた場合、その限りではない。

(費用負担)
第7条 ホームステイ並びにホームビジットにかかる費用は、原則として、当該ホストファミリーが負担するものとする。
2 前項の規程は、ホストファミリーによる利便の提供を受けるものが、当該活動に要する経費の全部または一部を負担することは防げない。


(委任)
第8条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附則 この要綱は、平成5年8月1日から実施する。
   平成5年並びに平成6年度のホストファミリー登録期間は、申し込み後の登録日から、平成7年3月31日までとする。

附則 この改正は、平成7年4月1日から実施する。

附則 この改正は、平成9年4月1日から実施する。

附則 この改正は、平成12年4月1日から実施する。

英語コンテンツ