戻る ホーム
 

要項について

 
目的
第1条
この制度は、様々な交流活動を通して次世代を担う青少年への国際理解と国際感覚の涵養を目的する。


活動内容
第2条
国際交流学生ボランティアの活動内容は、次の各号に定める。
(1) 財団法人熊本市国際交流振興事業団「以下(事業団)という。」の主催する各種交流事業の企画補助、運営アシスタント。
(2) 国際理解、異文化理解等の研修への参加。
(3) ニュースレターの取材、原稿作成及び発送アシスタント。
(4) ホームページの更新、作成。
(5) その他理事長が必要と認める活動。


(応募)
第3条
1.国際交流学生ボランティアに応募するものは、次の各号の要件を満たすものとする。
(1) 熊本市内に在住、もしくは市内の高校、大学、専門学校に通う学生。
(2) 原則として1年を通じて活動できる学生。
(3) 国際交流学生ボランティア制度を十分に理解し、協力できる学生。
(4) 心身供に健康な学生。
(5) その他目的を達成するために必要なこと
2.募集は毎年4月に公募し、その後随時受け付けるものとする。

(登録)
第4条
1.登録を希望するものは、書類(様式第1号)に必要事項を記入し直接申し込むか、あるいはWeb上で申し込むものとする。
2.登録完了後、学生ボランティアホームページへアクセスするためのID及びパスワードを発行する。発行されたID及びパスワードは個人の責任において管理するもの。
3.登録期間は、原則として申込日より当該会計年度の末日までとする。ただし、同学校へ在籍する間は更新できる。
4.登録料は無料とする。

(登録の取消)
第5条
1.理事長は、国際交流学生ボランティアの登録を受けた者から辞退の申し出があった場合、登録を取り消すものとする。
2.理事長は、学生ボランティアの登録を受けた者が、第3条の要件もしくは適正を欠くと判断した場合は、登録を取り消すことができる。


(費用負担)
第6条
国際交流学生ボランティアがその活動中に発生する飲食等に関しては、事業団で負担する。

(保険)
第7条
学生ボランティアの登録を受けた者が、その活動中において、万一事故等に遭った場合は、熊本市ボランティア活動保険約款に定めた範囲で補償するものとする。

(委任)
第8条
この要項に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附則
この要項は平成9年6月1日から実施する。
平成9年度の国際交流学生ボランティア登録期間は、申込後の登録日から、平成10年3月31日までとする。

附則
この要項は平成12年5月15日から施行し、平成12年4月1日から適用する。

附則
この要項は平成13年4月1日から適用する。

附則
この要項は平成15年4月1日から適用する。

附則
この要項は平成20年4月1日から適用する。

ページのトップへ戻る