熊本市国際交流振興事業団
KIFについて 賛助会員事業概要おしらせイベントカレンダーニュースレター多文化共生オフィス
    ホーム
 

熊本地震多言語情報(生活) No16 ガスの使用について(お願い)(4月24日現在)
最終更新日:2016年4月28日

(一財) 熊本市国際交流振興事業団

2016.4.26

016

 

ガスの使用について(お願い)

熊本地震により、ガスが使えなくなった人へ

 

地震により使えなくなっていたガスが、使えるようになりました。安全確認のために、お客様のお家に行きましたが、不在だったため、安全に使えるか確認ができていません。

 

ガスを使うためには、お客様がいる時に、作業員が安全を確認する必要があります。

 

またお家に行きますので、以下↓まで連絡してください。

 

 

 

[連絡先 (西部ガスお客様サービスセンター)]

l  Toll Free: 0120-099-312 [24時間対応します]

 

 

ガスの使用について(お願い)(PDF:87KB) 

 

【やさしい日本語標記】

当事業団では、熊本県立大学日本語教育研究室の協力をえて、行政情報をはじめさまざまな災害支援情報をやさしい日本語に変換し提供しています。

 

 

●ガス(がす)   使(つか)うときに    ()んでください。

地震(じしん)   ガス(がす)    使(つか)えない人(ひと)    ()みます。

 

・地震(じしん)   ガス(がす)    使(つか)えなくなりました。

でも、 (いま)   ガス(がす)   使(つか)えます。

 

ガス(がす)  使(つか)うまえに、 作業員(さぎょういん)   あなたの  (いえ)   ()きます。

 

・安全(あんぜん)   (たし)かめる  ためです。

 

安全(あんぜん)   (たし)かめるとき、   あなたは  (いえ)に いなければ

  いけません。

 

・安全(あんぜん)   (たし)かめたあと、  ガス(がす)   使(つか)えます。

 

西部(さいぶ)ガス(がす) お客様(きゃくさま) サービス(さーびす)

センター(せんたー)  電話(でんわ)してください。

  作業員(さぎょういん)  あなたの  (いえ)  ()きます。

 

●西部ガス お客様 サービスセンター

(さいぶがす おきゃくさま さーびすせんたー)

電話(でんわ)番号(ばんごう)0120-099-312

※いつでも   電話(でんわ)できます。

問い合わせ 熊本市国際交流振興事業団
電話 096-359-2121
ファックス 096-359-5783
メール pj-info@kumamoto-if.or.jp
PDFファイルを閲覧するにはAdobe Acrobat Readerが必要です。 ボタンをクリックしてダウンロードしてください(無料)。 アクロバットリーダー ダウンロードページへ
  ▲ページの先頭へ
       ホーム
Copyright(c)Kumamoto International Foundation