熊本市国際交流振興事業団
KIFについて 賛助会員事業概要おしらせイベントカレンダーニュースレター多文化共生オフィス
 多文化共生オフィス  ホーム
 
 多文化共生オフィスは、言語や文化の違いを越え(お互いに尊重し、受入ながら)、豊かな多文化共生の社会づくりを推進するため、ライフサポートをはじめ色んな情報を集約した“ワンストップ”オフィスです。日本語の学習支援や英語、中国語、韓国語、ドイツ語、タガログ語、スペイン語など多言語での相談に加え、出入国に関する相談や外国人のための無料法律相談も実施しています。困ったこと、わからないことがあればお気軽にお問い合わせください。

多文化共生オフィスへのお問い合わせは、直接来館、もしくは電話、eメールで受け付けています。
利用時間 :午前9時〜午後8時
       【第2、第4月曜日(但し、月曜日が祝日の場合は火曜日が休み)、並びに12月29日〜1月3日は休館日の為休み。】
電話(直通):096-359-4995  e-mail:pj-info@kumamoto-if.or.jp


主な業務

★多言語相談窓口の開設
相談スケジュール一覧表 (PDFファイル:87KB)
 ※相談員の都合により、相談日の変更・キャンセルとなる場合がございますので予めご了承ください。
★外国籍児童(外国にルーツを持つ子ども含む)に関する教育相談
●熊本県内の小中学校へ海外から編入学を考えている保護者のための相談
    例)
  • 日本の学校に編入できるの?
  • 日本語ができないのに学校に編入しても大丈夫?
  • 日本の教育のシステムってどうなってるの?
●海外から編入してくる生徒を受け入れる学校関係者のための相談
    例)
  • 日本語出来ないのに授業はどうしたらいいの?
  • そもそも日本語のわからない生徒を受け入れていいのか?
  • どうやってコミュニケーションをとるのか?
  • 日本語のサポートをしてくれるシステムはないのか?   Etc…
色々な不安や疑問にお答えします。
※「子どもの権利条約」に批准する国として、基本的人権に配慮し、一人一人を大切にした教育がおこなわれるよう強く求められています。
★多文化共生ソーシャルワーク活動
定住化が進む外国人住民の抱える課題は、複雑多岐に渡っており、内容も深刻化しています。様々な生活課題を解決するために、直接地域へ出向き、個別サポートする「多文化共生ソーシャルワーク」活動を行っています。
★熊本市の行政情報“市政だより”を多言語化(英語・中国語・韓国語)し、ホームページ上で紹介しています。
★あんしん・あんぜん 災害・生活情報eメールマガジン(防災メルマガ)
 (外国人向け多言語情報メール無料配信サービス)
 熊本市からのお知らせや生活、健康、イベントなど役立つ情報を月1回程度日本語、英語、中国語で情報配信しています。(携帯電話対応)
 また、災害が起きたときには、みなさんが安全に、安心して過ごせるよう災害情報、避難情報などを配信します。

https://secure.kumamoto-net.ne.jp/kif/mm/asp/mb_index.asp
※登録はこちらから
 こんな情報を配信しています。
  • 行政からのおしらせ
    市政住宅(入居情報)、健康福祉(予防接種、健康診断)、教育などについてのお知らせ
  • KIFからのお知らせ
    日本語教室や相談窓口についてのお知らせ
    国際交流会館やその他で行う当協会が主催・共催するイベント情報。
  • イベント情報
    県内で行われる季節イベントや伝統文化イベントの紹介
  • 防災情報
    日頃からの災害への備えについて。また、緊急時の速報情報や避難所等の情報
  ▲ページの先頭へ
       ホーム
Copyright(c)Kumamoto International Foundation